ジュニアNISAには【レバナス】が相性抜群だと叫びたい。

お金
スポンサーリンク

非課税万歳!!

お金持ちになる方法=いかにして合法的に税金を払わないか。これにつきます。

お金が人生の全てじゃないですよね?

しかしですね。

お金をかけずに暮らす方法

よりも

お金を稼ぐ方法の話がウケる。

ってことでジュニアNISAの枠があるならレバナスが相性イイよって話です。

そしてこの話を今までしなかったのはジュニアNISAって複雑なので解説するのが大変なんです。

2024年からは新規の買い付け出来ないし。

この記事を書いてる2021年からだとジュニアNISAでレバナスを買えるのは3年しかありません。

それでも色々調べたあげくジュニアNISAのレバナスは優秀ですね。

ジュニアNISAは1年で80万まで運用可能なので3年で240万掛けて、ロールオーバーすれば子供が18歳まで非課税で運用できます。0歳児がいれば最長18年の非課税運用が可能。

※成人まで=20歳までと記載するところもあるけど成人年齢が18歳に引き下げられるので実際は18歳までらしいよ!

詳しくは他のとこで調べてね!

※不安な人は銀行で聞くだけ聞きまくってネット証券で買うのがオススメなのではと思っています。

レバナスとは何か?

今をトキメク企業100社の約2倍の値動きをする金融商品です。

上がる時も下がる時も約2倍なので激しい値動きをする商品です。

リスクが大きくなってもいいから、利益を取りたい人向けですね。

ナスダック100の有名な企業銘柄はアップル、アマゾン、ネットフリックス、ZOOM、などなど。

ワクチンのモデルナも入ってますね。

ジュニアNISAにレバナスが相性良い理由

ジュニアNISAはホールド前提資金なのが良い

ジュニアNISAは子供の年齢が18歳以下で引き出せない問題があります。

一部だけ利確なども出来ません。

※2024年からは非課税で引き出せます。

でも引き出せないのってどんだけ暴落してもホールド出来るってことですよね。

生活必要資金に触れるほどジュニアNISAにツッコむ人はいないはずなのでホールド前提条件なのはメリットでしょう。

確実にいつか起こるであろう暴落。

その時に成すすべなく見守るという最適な戦略が取れます。

見守るのが最適かどうかはわかりませんが未来予測は出来ないので、制限かかってるほうが気持ちは安定しますよね。

精神的によろしくないのでレバナスのことは買ったら忘れてしまいましょう。

※ジュニアNISAは2024年で新規買付が出来ません。

その代わり非課税で途中売却が可能になります。

レバナスは得られた場合の利益の最大値が大きい

利幅が大きければ大きいほど非課税の効果が高まります。

株式市場自体は上がったり下がったりのランダムウォークを繰り返しながらも右肩上がりです。

これはナスダックにも言えることなので、過去のデータから見れば増える確率が高そうな所に資金をベットするのが当然の戦略です。

その中でも非課税になるなら利幅が小さな安定商品よりも、大きな利益が見込める商品の方が非課税の恩恵を受けます。

※その分リスクはありますが非課税の恩恵は大きい

ジュニアNISAの場合は掛け金が最大で年間80万とそこまで大きくないので、減ったらそのままロールオーバーして子供にずっと持たせておきましょう。

それでもお小遣いとしては悪くありません。

ジュニアNISAの非課税期間が最長5年ですが5年経っても、継続管理勘定にロールオーバーするとそのまま非課税で保有することが出来ます。※新規買付は出来ない。

しかもこの制度、素晴らしいんです。

5年経った時の評価額がいくらでも非課税のまま保有できるんです。

つまり、240万が500万になっててもそのまま非課税。

240万が2000万になっててもそのまま非課税で運用出来ます。

しかも最長18年。

ちなみにレバナスは新しい金融商品なので過去のデータが出せないのですが、ナスダック100指数に連動して約2倍の値動きをするQLDというETFがあります。※レバナスとほぼ同じ性質の上場投資信託

QLDは2021年の現在から10年の実績を見ると30倍以上になってるんですね。

30倍ですよ?

つまり240万が6000万を軽く超えます。

過去5年で見ても7倍ほどになっているので240万が1000万は超えます。

これでさらに長期保有が出来るなら、、

凄まじい破壊力だと思うんだけどなぁ、まぁコロナバブルもあって直近何年て言い方は株高な期間の切り取りなので自己判断お願いします。

2009年のドットコムバブル辺りを計算に含めると違う景色が見えます。

ジュニアNISAにレバナスのデメリットは?

レバナスは利益が出れば大きいですが、株価下落のダメージも倍あります。

つまり暴落した時にロクに資金が残せない問題が発生します。

元本以下になる可能性もあります。

2009年のドットコムバブルの下落では2007年の好調時から時間をかけて80%ぐらい下げたこともあります。※レバ掛かってるので下げも激しい。

1000万が毎月のように下げて200万になるのに耐えなければいけません。

積み上げた資産が毎月のように下げ続けていくんです。

普通の血の通った人間なら500万ぐらいに下がった時点で利確したくなりますよね?

異常な下げ相場に耐えられる強いハートをお持ちでなければいけません。

しかしですね、増やそうと思って【投資】に回すんだから

期待値を上げ過ぎなのがそもそも問題。

評価額ってのはリスクがあるから増えるんです。

増えもしない銀行に入れるのか?

デメリットしかない学資保険とやらに積み立てるのか?

確実に成功すると分かってなければ

チャレンジすらもできない親なのか!?

そんな親を見て子供はどう育つのか?

もしかしたら成功しないかもしれない、でも家族や子供の未来を考えて

経済や世の中の勉強をして選択した結果。

それこそがジュニアNISAにレバナス。

その結果にトライするような大人になるべきではないのか?

めっちゃ利益が出たら家族で暮らすマンション買ってね!!

という気持ちで冒険したんだ!と言うべきではないか?

うん、ゲスい。

じゃあその大暴落やデメリットがツライなら

リスクの低い金融商品を選ぶってことになりますね。

ジュニアNISAにレバナス以外の選択肢はあるか?

最大の見込み利幅は少なくなるけどS&P500か全米でしょうね。それか全世界株式。

まぁ投資効率を求めるなら結局この辺りに戻って来るんですよ。

これが正解です。

全米やS&Pは中央値も平均値もレバナスより成績が良いはずです。

それでも金融商品なのでリスクはあります。

元本が保証されないなんてイヤ!

銀行が一番安心!!

って思う人いるかもしれませんけど、そもそも銀行にお金を預けててもインフレ考慮したら資産の価値って常に下がってるんですけど、、、って難しい話になりますね。

まぁこのブログを読んで役に立つ人もいるし、役に立たない人もいるわけじゃないですか?

ブログ読むのなんて人生にとって必要のない時間と考えるならば、

あなたの一回しかない人生。

お金じゃ買えない【時間】を消費してるんですからネットしてるのすらリスクです。

なのでせっかく最後まで読んだなら何かアクションしてみては?

値動きのチェックなんて面倒です。レバナスなんて買ったら忘れましょう。

グッドラック!

そういや俺ファッションブロガーなんだけど。。

タイトルとURLをコピーしました