iphoneの画面を暗くする設定、寝る前にスマホを触ろう!

家電 ガジェット
スポンサーリンク

寝る前のスマホ使用は睡眠の質を低下させる。

大体分かる。

けどこれってスマホが原因じゃなくて「眩しい」のが原因でしょう?

ってことで

ios14.6の時点ではこの方法で画面を暗く出来ます。

iphoneホーム画面から画面を暗くする

一番単純な画面の明るさ設定は

ホーム画面の際に下から上へスライドさせたときの設定です。

ココで調節しましょう。簡単ですね。

iphone設定から画面を暗くする

次は設定画面から明るさ調節してみましょう。

まず設定アイコンをタップして「アクセシビリティ」へ

画面表示と明るさではなく、アクセシビリティです。これが紛らわしい。

そして画面表示とテキストサイズをタップ

そしてホワイトポイントを下げるをスライドさせると、さらに明るさの調節が可能です。

ダークテーマ導入で目にやさしく、省エネしよう。

夜中にスマホを触りたいなら、画面表示はダークテーマがおすすめです。

ダークテーマは設定の中の画面表示と明るさをタップ

そしてダークテーマを選ぶだけ!

目に優しい+節電効果もあります。

青い光は目が覚めるのでオレンジの光にする為に「night shift」を早めの時間に設定しておくと寝やすいです。

寝る前に布団の中で電子書籍読む人は必ず設定しておきましょう。

余裕で眠れます!本が進みません!!

白く明るい光は眠れなくなるので注意

白く明るい光を浴びると、※推測ですが網膜が認識すると

脳は覚醒状態になります。

これは朝の光を浴びたら目が覚めるように出来てる、生理的な反応です。

つまり

脳を覚醒させて元気に活動したい場合=色温度が高く(青白い光)

リラックスしたい時=色温度を低く(オレンジの光)

部屋の明るさと色を調節するのが理想です。

寝る前にスマホを触ったり、電子書籍を読むならダークテーマ、オレンジの光、画面を暗くしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました