スポンサーリンク

ジムは【お金と時間】の無駄。トレ歴10年が家トレとジムを比較!

筋トレグッズLIFE

こんにちわアラキです!

突然ですが、ジムに行くお金や時間ってもったいないと思いませんか?

家トレでも真面目にすれば一回1時間、週2~3の運動で体型は変わります。

わざわざジムで高い会費を払って無駄遣いしてる人多いですよ。

最近の日本のフィットネスブームは凄いです。

町の至る所にワニワニパニックばりにジムがオープンしています。

いつかはブームが来ると思っていましたが、やはりこのフィットネスブームはカネキンさんやサイヤマンのお陰でしょうか?

まぁSNSの流行で自己アピールしたい人が多いからですね。

芸能人もインスタでトレーニングしてる私!演出をしてる人は多い。

ちなみに私のトレ歴は10年ぐらいなので彼らよりも長いはず。

アラキ
アラキ

トレ歴では勝ってるのよ(小声

そんなアラキがムでのトレーニングよりも自宅での筋トレをお勧めします。

家トレならジムに通うよりも、お金と時間の節約になります。

ジムに行こうか悩んでいる人

自宅でのトレでも体が変わるのか?

ジムと自宅での筋トレの比較

などを解説します。

レッツ自宅で筋トレ!

スポンサーリンク

ジム行ってたけど自宅トレになった著者の経験。

ジムと自宅トレの比較をするんだからジム行ってましたよ、もちろん。

過去にはジムに通っていました。ちょちょいと事情ありでアメリカに住んでいた時で週5~6ぐらい?家族会員で無料で通えたからです。

やはりアメリカはフィットネス先進国だけあって老いも若きも筋トレしてます。

下は中学生ぐらいのガリガリのキッズおじいちゃんおばあちゃんもトレしてます。

欧米では健康であることが裕福な証。

富裕層ほどスタイルがいいです。ウォルマートのレジ係の黒人女性は皆太いのが印象的でした。

そしてジムに来ている身長の低い男性はマッチョが多かったです。

身長というコンプレックスをマッチョになる事で克服しようとしているんでしょう。

まぁ身長低いと言ってもアメリカ人にしては低いレベルなので170ぐらいでしょうか?

そしてそのマッチョは人気ありました。

学校の近くのジムだったので、放課後に可愛いティーンやらガリガリ君やらが来て運動するんですがマッチョは良く話しかけられていましたね。マッチョ最高。

アメリカのジムは器具も豊富で広さもあり快適でした。

この時はSix pack shortcutというyoutubeを見ていました。

誰か見てた人いるかな?いないよね?

youtubeで最初の方にフィットネスチャンネルやって有名になった人だけど、ちょうど10年ぐらい前です。もうチャンネルは売られたみたいだけど。

聞き取りやすい英語で

クリーンな物を良く食べて、沢山カロリーを使おう!というヘルシーな考え方のチャンネルでした。

mike chang知ってる日本人に会ったことない。

Make Healthy Food Delicious (here's how)

もう転載動画しかないですが、当時は英語の勉強も兼ねて見てましたね。

この頃からココナッツオイルを推してますね。

フィットネスやってる人なら皆知ってると思いますが、日本はアメリカと比べると5~10年遅れてます。

フィットネスユーチューバーがやってるPFCの話はもう何年も前から言ってる話です。

昔はジムに行って優秀なトレーナーさんが教えてくれる情報だったんですが、、

しかし、PFCバランスの話はもうネットで簡単に見つかります。

なので正しいフォームがある程度でも分かるならジムの必要性が薄れてしまいます。

なぜジムに行くのは【お金と時間】の無駄なのか?

ジムに行く目的はなんですか?

美容や健康、肉体改造、ダイエットではありませんか?

しかしジムに行けば痩せるわけでも筋肉が付くわけでもありません。

多くの人にとって運動は必要ですがジムは必要ありません家トレで十分です。

ランニングが好きなら尚更、走るのは近所でも出来ます。ジムで走るのにジムまでは車で行くなんて意味わかりません(行ってたけども

ジムへ行くまでの時間がそもそも無駄です。

特に月額制のジムは必要なし。

ジムのスタッフ側は、行ったほうが絶対にイイって言いますけどね。

なのでここからは

家トレのメリットと

ジムに行くメリットを比較したいと思います。

自宅で筋トレはメリットが沢山

トレーニンググッズ

今は自宅での筋トレしかしません。

日本のジムのマナーが微妙で、器具を占有するような人が多くあまりいい思いをしなかったことも原因ですが、、

ジムに行くよりも自宅の方がメリットが多いです。

家トレは費用が安い

まさにココ重要です。

費用が安い。節約だいじ。

ジムの会費って年間5万ぐらいかかるんですよね。

家トレで必要な物を十分に揃えても5万ぐらいです、妥協すれば3万程度。

健康や美容の為に運動するなら今後ともずっと続けるので最初に買った方が元取れると思って自宅トレを推奨してます。

1年で元が取れるし、いらなくなったら今の時代ですから譲ってほしい人も多いでしょう。

ジムは高いです、行かなくてもお金かかるなんてあり得ない。

毎日行くならともかく、週2ぐらいなら絶対に家トレにすべきでしょう。

毎日行くなら結構お得ですね。

アラキ
アラキ

毎日でも、月1回でも同じ料金?そんなバカな!

家トレは時間の節約ができる

正直お金はね。ジムの会費を払うからには徹底的に使えば良いんです。

元を取るぐらいに通えばいいかもしれません。

しかし時間の問題は絶対に避けて通れません。

ジムに行くまでの移動の時間なんて無駄。

自宅トレならジムに移動する時間の分だけ筋トレできます。

しかも外に出るので服装や髪、飲み物の準備、カバン、シャワーなどなど、、、

そもそも無駄な要素が多過ぎます。

時間が勿体ない。

時間をかけずにキレイでカッコ良くなりたいですよね。

なぜ?

素敵なボディでオシャレして出かけたいからですよね?

余分な時間がかかるなんてありえない。

会社の帰り道にあるような場合はまだ許せますが、、準備が面倒です。

ジムに行くメリットは何か?

ジムに行くメリットは何か?

ジムアンチではないので公平にジムに行くメリットも出します。

よく聞く定番ですね。。アラキも納得する部分はあります。

ジムなら友達作り出来る

仲良し

ジムには色んなタイプの人がいます。

・真面目に筋トレやってる人

・暇つぶしでやってる人

友達とワイワイ運動しに来ている人もいます。

楽しく運動するのは良い事です。地域のコミュニティの場としての機能もあります。

同じ筋トレが趣味の仲間が出来るのは良い事です。

アラキ
アラキ

でも器具は占有しないでね。

モチベーションの維持ができるらしい

家で運動すると怠けちゃうからジムに行くんだ!って人

まぁこの手の人がジムに行けば続くのかどうかは分かりませんが。そう言うんならそうなんでしょう。

こういう人がジム経営のカモです。月額制のジムは会員が多く、利用者が少ないのが嬉しいんです。

だって器具が空いてるしメンテの必要も減ります。

幽霊会員で成り立ってるビジネスとはよく言ったものだ。

大会に出る等の真剣な目標がある。

めちゃめちゃハードに鍛えるなら設備が整っているジムに行くべきです。

ここは家トレでは限界があります。

周りと比較するライバルがいたり一緒に競争すると嫌でもやる気になりますからね。

ジムに行くお金と時間を惜しまないガチンコで鍛えたい人はジムに行く方がいいでしょう。

優秀なトレーナーがいるジムがある

実はここが一番大事だと思います。

怪我をしないフォームの指導をしてもらうのは一番重要です。

無理してケガをするのが一番つまらないです。

しかしトレーナーの質が高いかどうかは分かりませんよね。

大手のジムは微妙だと思います。youtubeなんてフォーム、ヤバイ適当な人だらけです。

特に女性のユーチューバーは酷いのが多い。

どうせジムに行くなら有名な人に定番のフォームだけ教わって自宅トレに切り替えれば良いのに。。

まとめ:自宅で筋トレで綺麗で格好良くなれる。

マッチョな男性
このぐらいなら家トレで余裕

そもそもアラキはジムに通っていた下地があるので家トレでも体作りが出来ています。

だからジムに行って筋トレする事自体を否定しているワケではないです。

しかしですね。

ジムに行くメリットと家トレをするメリットを比較すると

家トレの方が圧倒的に有利だと思います。

すんごい尊敬できる人が近所にジムをオープンして、個別に指導してくれるような状況でなければジムに通うことはないでしょう。

正直週に2~3回のトレーニングで体は変わるし維持も出来ます。

有名な言葉ですが

体型コントロールはトレーニング3割、食事7割です。

PFCバランスを考えていれば、それなりの運動でスタイル良くなれます。

もしもジムの必要性に疑いがあるなら家トレを考えてみてはいかがでしょう。

以上、ジムトレから家トレに切り替えて

お金と時間の節約になった男のだらだら話でした。

それでもジムに行きたい人へ

ジムに行くことを全否定しているワケではありません。

冒頭に述べたようにバカスカとジムがオープンしているので、今後はフィットネス業界が価格競争に入っていくでしょう。

設備の整ったジムが使い放題で月額2000円ぐらいになる時が来るかもしれません。

そして多くの回数利用すればお得だと思います。

しかし、健康の為にジムに行くのが目的ならそれこそ毎日ジムに通う必要はないはずです。

目的が【月会費払った分だけ元を取る為にジムに行く】に変わっては意味がありません。

満足度を満たすためにその金額を払う価値があるか?で判断したいですね。

お得
お金を増やすシンプルな法則。経営者目線で子供にも分かるように解説
お金を増やすシンプルな法則。経営者目線で子供にも分かるように解説
学生に是非読んでもらいたい。誰にでも分かりやすくお金についてのアレコレを記事にします。沢山の項目を増やす予定。
必見
アパレル経営者が語る!ずっと使えるスニーカーから高級靴
アパレル経営者が語る!ずっと使えるスニーカーから高級靴
高級靴からスニーカーまで!作りやメンテナンスまで解説。素人からマニアまでオススメ。ニューバランス、ALDEN、paraboot、etc
おすすめ
服、靴、小物などずっと使えるいい物
服、靴、小物などずっと使えるいい物
コスパのいい物、高くても長く使えるいい物のお話がメイン。時々ファッションについての考え方なども
注目
apcのデニムの色落ちについて、着用時間と変化の記録
apcのデニムの色落ちについて、着用時間と変化の記録
apcのデニムの色落ちについての記事を集めました。 裾上げや洗濯についての考え方も公開。

コメント

タイトルとURLをコピーしました