スポンサーリンク

筋トレグッズのオススメ5選!自宅で綺麗に格好良く【トレ歴10年】

LIFE

2020年4月現在、コロナウイルスの感染拡大防止の為、自宅待機が推奨されています。

特にスポーツジムなどは行くのを控えるべき。

でも家から出ずに運動不足では困りもの。

という事で自宅で筋トレできるグッズを紹介いたします。

ちなみに紹介するのは

トレ歴10年、自宅での筋トレ歴7年ぐらいの男です。

アラキ
アラキ

筋トレは健康にも美容にも良いよ!

嫁も一緒にトレーニングしてるので女性にも使いやすい物を紹介します。

スポンサーリンク

①ダンベル20kg or 30kg

まず最初はダンベルです。

プレートの取り外しができるタイプを選びましょう。

重さを替えて軽い重量ならサイドレイズや、アームカール。

重たい重量ならダンベルでのベンチプレスや引っ張る系の種目に使えます。

女性の場合は20kgのダンベルを二つで計40kgのモデル

積極的に鍛えたい男性の場合は30kgのダンベルを二つで計60kgのモデルを買いましょう。

これはそういうルールだと思ってください。

最初はダンベルです。

もう少し詳しく掘り下げると

女性はダンベルベンチプレスを片手20kg出来れば体つきが変わります。

男性はダンベルベンチプレスを片手30kgで10回出来れば全く違う体格になっているはずです。

もっと重たい重量を扱うならシャフトの直径が28mmなどにしておくと追加した時に重たいプレートを追加して組み合わせることが出来ます。

でも30kgでしっかり効かせれば不要かも。大会レベル目指すならあってもいいと思いますが健康で格好いい体レベルなら30kgで十分です。

家トレブームで安いのは売り切れ続出ですね。

プレートを外せば軽くできるので様々な種目に使えます。

ぶっちゃけ重さがあればメーカーとか何でもいいですね。

グリップが良いとか、ラバーコーティングとか色々ありますけど、安いので十分です。

アジャスタブルダンベルは便利だけど高い

ここ数年で話題のサクッと重さが変更できるアジャスタブルダンベル。

コレ便利です。

いちいち重量替えるのにプレートを付けたり外したりって面倒なんですよね。

しかし家庭で置くには場所が必要なのと金額も高めですね。

使ったことありますが、シャフト部分が長いのでアームカールが非常にやりにくいです。

お金に余裕があってまだ一つもダンベル持ってないならアリです。

②トレーニングシューズ

トレーニングシューズ

室内用のシューズは必要です。

ダンベルの次に必要です。

女性に一番おすすめのブルガリアンスクワットが裸足では効果が薄れます。

踏ん張りやグリップが効かない面

足を怪我したり滑ったりするのを防止します。

ブランドもデザインも価格も何でも良いので※靴で体は変わらない

気持ちのアガるシューズにしましょう!

トレーニングシューズは後述のHIITにも必要です。

③折り畳み式のインクラインベンチ、デクラインベンチ

インクラインベンチはガチャガチャと角度を変えることの出来るベンチ台のことです。

デクラインとは水平以下の角度にも下げることが出来るベンチのことです。

デクライン機能はなくても構いませんが、価格も大差ないので在庫があればデクラインをお勧めします。これも安いのでOK。最近の製品は十分な耐久性があります。

そして何よりも折り畳み式である事。

これはもう自宅トレのルールです。

邪魔にならないこと。

折り畳み式のベンチであること。大事な部分なのでテストに出ます。

まずダンベルとベンチを買った日から自宅での筋トレライフが始まると思ってください。

④どこでもマッチョ、チンニング、懸垂器具

逆三角形の体は肩と背中で決まります。ですが自宅でダンベルのみで背中を鍛えるのって難しいです。

そして懸垂は強度が高い割に安全です。

男性の場合は重量を上げたい!デカくなりたい!って人が多いので優先順位が高めです。

しかし女性の場合は自分の体重でチンニング※けんすい

出来る人は少ないと思いますので優先順位低めです。

次に出てくるゴムチューブを足にかけて補助しながらチンニングしましょう。

※女性の場合は全身鏡で自分の後ろ姿を見てほしいです、背筋が伸びてカッコいいorくびれがきちんとある人は無理して購入する必要ありません。

しかし、オバサンみたいな後ろ姿だったら、、背中は鍛えた方がいいですね。後ろ姿を鏡で見る習慣はないと思うので是非どうぞ。

⑤ゴムチューブ、トレーニングチューブ

トレーニングチューブはあまり語られませんが地味におすすめアイテムです。

これは女性の場合は一番最初に購入してもいいかも

軽くて安いし場所も取りません。

負荷※強さを組み合わせで変更したり、全身鍛えるのにも補助的にも使えます。

ドアに引っ掛けて使えるモデルがおすすめです。

ロープオーバーヘッドエクステンションが非常に三頭筋に入ります。

強度的にはそこそこなレベルですが、女性が最初に買う時や男性がトレの最後の追い込みに使うなら持ってこいです。安いし。

嫁は下の画像のようなゴムチューブを使ってスト2ブランカのしゃがみ大キック

フィットネスユーチューバーのマネみたいな事をしてます。

あったら便利な物

ヨガマット

私はHIITを時々やるのでバーピー用に持ってます。

床がコルクマットの部屋があれば問題ありませんが騒音対策にもなりますし、ストレッチする時にも使えます。

ちなみにHIITとかタバタプロトコルなるトレーニングがあるんですが、ゴリゴリ体重落ちますけど初心者向けじゃありません。30秒バーピー30秒休みを8回繰り返すみたいな感じです。

トレーニンググローブはあった方が良い

グローブがあるとメリットとしては

滑り止め

マメ防止

リストの補強

などが出来ます。高重量になると手首をグネったりするので使ってます。安いし。

腹筋ローラーはおすすめしない

アブローラー、腹筋ローラーはお勧めしません。

これは1000円ぐらいで安いんですが、強度がかなり強いのであんまり評価してません。

あと腹筋しても痩せないので、、まぁ趣味程度でするならいいかも。

腰に気を付けて下さい。

床に傷が付かないようにマットを引きましょう。

これは傷が付かなければなんでもいいんですが、

我が家では子供が小さい時に汚したり、転んだりする時のケガ防止で購入したジョイント式のコルクマットの上で折り畳みのベンチを広げて筋トレしてます。

騒音対策にもなるのでマンション暮らしだと賃貸物件の必需品です。

ニトリなんかでも売ってますね。

自宅トレでも3ヵ月で体は変わる

ジム行けなくても食事の管理をして

それなりの重量を扱えば3ヵ月で体の変化が目に見えます。

単純な健康目的の場合でもヨガマットを引いてバーピーしてれば十分運動になります。

個人的にはジムよりも自宅でのトレーニングの方がメリットが沢山。

アラキ
アラキ

家トレ7年もしてるからね!

この機会に是非!健康で格好いい体作りにチャレンジしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました