スポンサーリンク

パラブーツの純正グリースがないから【ミンクオイル】を使ってみた件

パラブーツが段々とカサついてきている。

つま先は光ってるのに周りはカサカサである。

革そのものに油分が少なくなっているようだ。

定期的なメンテナンスはしている。

しかしながらパラブーツはオイルレザーの靴。なので長年使うなら定期的にオイルアップをしなければいけないらしい。。シューリペアマンの友達が教えてくれた。

アラキ
アラキ

知らんかった!

まぁそりゃそうだ。

油を断ってはいけない。

まぁ人間も化粧水とか乳液とかしますもんね。

時々は顔パックもした方がイイ!って女性は言うし。

で、、、メンテについて調べてみると。。

パラブーツの純正のグリースがあるじゃないか!

知らなかったぞ!!

しかも3か月に一度ぐらいは使えとのこと。サイトによって違うけど3~6か月に一度は使った方が良いとかなんとか。。

ブラシとクリームのシューケアは5回履いたら一回ぐらいの頻度で磨いていたんだけれども、、

パラブーツの為だけに油買うのはコスパ的にいかがなものか。。。ボクオコヅカイスクナイ。。

う~ん。

あ、使ってないミンクオイルはどうだろう?

スポンサーリンク

ミンクオイルは評判悪い。でもオイルレザーならOK?

ミンクオイル。

レッドウイングなどのハードなワークブーツのオイルアップ専用商品かと思いきや、評判はすこぶる良くない。

レッドウイング好きの中でも使い勝手が悪いと言われたり賛否両論。

もはやミンクオイルなんて使うな!って人もちらほら。

なぜか?

日本の高温多湿の気候のせいでミンクオイルを塗って下駄箱に入れておくと

カビが大発生し、トンでもナイアガラの滝になってしまうのである。

防水性がやたら高く、油分が凄いので確かにねぇ。

ハードに使う小物には最適なミンクオイルさん。

高級靴に使うのは如何なものか?

インディアンジュエリーを扱う店のオジサンが言うには

「現地人のレザー職人は全部ミンクオイルや!」と言ってたが、、現地とはどこを指していたのだろう。

その悪評高いミンクオイルなんですが、家に一つだけあるんですよね。

しかも聞いた事ないメーカー。

サフィールなどの高級製品は100%ミンクオイル使用だが

こちらは製品に成分表記がない。

天然素材100%ではないはず。もしそうなら記載するだろうし。

値段も安い。

まぁ試しにやってみよう。

ガッツリ本格的にね!!

パラブーツにミンクオイルを使ってみる!

昔から家にあって全然使ってないミンクオイルを使ってみる。

その前に余分な汚れをステインリムーバーで落とす。

わぉ。汚い。

天然のミンクオイルを配合。。

ってことは他の成分も入ってて、その中に配合してるんだろうけど記載されてない。

考えてても仕方ない。

カサカサなのでしっかり目に塗り込む。

足先のひび割れが多い部分だけオイルを付けようと思ったが、せっかくなので全体に塗り込むことにする。

写真で見ると男前なツヤだが油ギッシュでベトベトである。

キズやヒビが目立つ部分は焼き立てのトーストにジャムを塗りつけるが如く分厚めに塗布して翌日まで放置。

翌日にコットンの布でキレイに拭き取り。

シットリとした仕上がりでイイ感じである。

パラブーツにミンクオイルを使ってみてどうなるか?

当初の目的の革の油分補給十分できます。

しかしツヤ感は一切出なくなります。

磨いても磨いても光りません。

いくら靴を拭いても、磨いても、表面は油でベタついたままです。

内部にも浸透はしてるはずなので本来の目的は達成してますが、気に入らない人もいるかもしれません。

でも3回ぐらい着用すれば、磨けば光るようになります。

乾燥が進んで皮革に深刻なダメージが入るぐらいならガンガン使った方がいいと思います。

小遣いがあるなら純正のグリースを買いましょう。

タイトルとURLをコピーしました