スポンサーリンク

APCデニム着用【3000時間】色落ちと破れとリゾルト方式の問題

apc洗濯のビフォーアフター A.P.C 

夏の間は履いてなかったAPCのデニム。

愛しきプチニュースタンダード。

10月頭から履いて年末なので洗ってみたので記録と経過報告です。

実際は3000時間以上、多分3200時間ぐらい。

洗濯回数はまだ10回以下です。

結果としてお伝えしたいこと

・ここまでの時間着用すると色落ち自体はあまりしない

・濃淡のある色落ちにはファーストウォッシュが大事

・リゾルトの林氏方式のデニムに乾燥機はちょっと注意が必要。 

・さらに破けるのでリペアの仕方を変更しました。

写真が多めです。

※かなりマニアックな記事です。

我こそはジーパン好きなり!!という方以外には響かない情報なのでご注意。

アラキ
アラキ

破れのリペアの仕方はお役に立てるかもしれません。

スポンサーリンク

3000時間ぐらい履くと洗濯してもそんなに色落ちしない。

洗濯画像をご確認ください。左が洗濯前ですね。

ウエストが引き締まって同じサイズとは思えませんね。

apc洗濯のビフォーアフター

撮影時間が違うので洗濯後の方が濃く見えますが、実際は濃さにほとんど変化ありません。

洗濯前のデニムの黄ばみ汚れが落ちて、洗濯後の青が鮮やかになったかな~ぐらいです。

デニムの履き癖、膝が出たジーパン

洗濯前の画像ですが、膝が出てますね、太ももと膝辺りの汚れがやはり気になります。

apc洗濯のビフォーアフター後ろから

乾燥機にかけたのでヒップがギュッと引き締まってますね。

履いてみた感想も乾燥機の後だとかなり小さく感じられますが一日履いてれば元に戻ります。

アラキ
アラキ

パリパリに乾いたジーパンに足を入れた時って気持ちいいんですよね!

3000時間着用したジーパンのダメージ具合

これぐらいの時間着用し続けると色々な部分にトラブルが発生してきます。

まず裾の部分のダメージがありますね。

緑の丸印ですがチェーンステッチがほどけていますね。

ゴリゴリの波打ったアタリが出ているのでヨシとしますが、これ以上ほどけると困りますね。

直そうか悩み中。

APCなのにチェーンステッチなのは趣味の問題ですが大変気に入ってます。

apc3000時間着用の裾

赤丸の部分に注目してほしいんですが、これは足の前側に当たる部分です。

太いパンツの場合など、靴で踏んでしまって裾の後ろ側がボロボロになる個体は良く見かけますよね?

これは違います。

靴に当たるほどの長さではありません。

なぜ前側なのか。

プチニューは裾幅が細い為

膝が出た分だけ裾が後に引っ張られます。

エビ反りになるんですね。

そして足の前側にぶつかり続けて、このアタリになりました。

くるぶし丈でもダメージはしっかり蓄積されていくようです。

そしてくるぶし丈と言えばリゾルトの林氏がデニム界隈では有名ですよね。

細身のジーパンの場合、丈は短めにして足首がすっきりしてる方がシュッとスタイル良く見えます。

林氏の考え方はやっぱりデニムの神様と言われるだけあるんですね。リゾルト持ってないけど、、、

という事でもう少し短くなってもいいし、林氏推奨の乾燥機をかけて洗濯しました。

※林氏は洗剤使って選択し、ジーパンを表側に向けて乾燥機にかけるタイプのようです。

乾燥機にかけたらシワがついてしまった件:伸ばしてから回そう

年末で他にもやる事が多く、ぼーっとしてまして。

嫁に洗濯を頼んでたら裏返しのままで乾燥機にかけてしまってました。

表側でかけてほしかったんですが、伝え忘れなので仕方ありません。

しかも脱水してから、ちゃんと伸ばさずにクシャっとしたまま乾燥機にかけてしまったんです。

そしたらこの通り。

乾燥機でシワが入ったapcのパンツ

このシワがやっかいでして。

履いても履いてもうっすら残ったまま取れないんです。

洗えば元に戻ると思いますが

これがファーストウォッシュだったと思うとゾッとします。

ずっとこのシワと付き合っていくなんて考えられません。

乾燥機にかける場合は

脱水しすぎない

しっかり伸ばす

この2点は絶対に守りましょう。

テストに出るぐらい大事なところです。

さらに破けたのでリペアの仕方をアップデートしてみた。

3000時間も洗わずに履いてると破けてきました。

過去にも破れてるんですが、さらにまたの部分がひどくなってます。

今回もセルフリペアでいきます。

アラキ
アラキ

セルフリペアなら300円程度で補修できます。

デニムの破れ

右側の部分は以前にリペアした部分ですが、以前の方法ではあっという間にまた破れてしまったので今回のやり方の方が優秀です。

やり方は

いらないデニムの生地を裏から当ててミシンで大きく抜い付けます。

仕上がりも綺麗です。糸の色は白や薄い灰色、銀色がいいでしょう。色落ちしたジーパンには薄い色の糸でないと浮いて見えます。

いらないデニムの生地はリサイクルショップなどで安く手に入れましょう。

デニムの破れ

破れの範囲はこの青い部分ぐらいですが

デニムの破れ縫い方

実際に縫ったのはこの赤いジグザグの線まで縫ってます。

デニムの破れ裏側

裏側はこんな感じですね。

裏側から見るとマヌケですが、一つの物をこれだけ長く、自分で直しながら使うって結構エコだし、経済的にも良い事だと思いました。

apcのデニムは高いですからね。長く履かないと元が取れません。

まとめ:3000時間ぐらいなら、まだまだ履ける。目指せ5000時間!

嫁にもうそろそろ辞めたら??

と言われましたが ※リペアしてるのは嫁

真っ二つになるまで履く

と言ってやりました。

ジーパンなら毎日履いてても突っ込まれませんし

同じパンツの日ばかりなので服装選びがラクなんですよね。

しかし、今年はジャパンブルーのバゲットの色落ちも経過報告したいので、apcのプチニューについては4000時間程度で休憩するかもしれません。

注目
apcのデニムの色落ちについて、着用時間と変化の記録
apcのデニムの色落ちについて、着用時間と変化の記録
apcのデニムの色落ちについての記事を集めました。 裾上げや洗濯についての考え方も公開。
必見
アパレル経営者が語る!ずっと使えるスニーカーから高級靴
アパレル経営者が語る!ずっと使えるスニーカーから高級靴
高級靴からスニーカーまで!作りやメンテナンスまで解説。素人からマニアまでオススメ。ニューバランス、ALDEN、paraboot、etc
おすすめ
服、靴、小物などずっと使えるいい物
服、靴、小物などずっと使えるいい物
コスパのいい物、高くても長く使えるいい物のお話がメイン。時々ファッションについての考え方なども
お得
お金を増やすシンプルな法則。経営者目線で子供にも分かるように解説
お金を増やすシンプルな法則。経営者目線で子供にも分かるように解説
学生に是非読んでもらいたい。誰にでも分かりやすくお金についてのアレコレを記事にします。沢山の項目を増やす予定。
タイトルとURLをコピーしました