スポンサーリンク

国産ブランドとファストファッションのパンツ比較!どっちがお得!?

H&Mとジャパンブルーのパンツ1ファッション
アラキ
アラキ

こんにちわ!服で飯食ってるアラキです。

突然ですがH&MGUなどのファストファッションと

メイドインジャパンの国産ブランドの品質がどれぐらい違うか?

ご存じですか?

お洋服関係の仕事でなければ、気にもしないこのテーマにベタベタと触れていきたいと思います。

ザックリ言うと今回は

安いパンツ高いパンツの作りを画像で比較しています。

こんな事が気になる方向け。

  • 値段が違うのはなぜなのか?
  • 品質はどれぐらい違うのか?
  • 安いのと高いのどっちがコスパ良いのか?

最後は永遠のテーマである、コスパについての話があります。

これを知れば自分の買おうと思ってるパンツが良い物かどうか目利きが出来ますよ!

スポンサーリンク

比較はH&Mとジャパンブルージーンズのパンツ

アラキ
アラキ

今回は嫁さんのアイテムです

モデルになるのはH&Mの黒のパンツ2000円

ジャパンブルージーンズプレップと言うシリーズの黒のパンツ13000円です。

価格にして5倍以上の差がありますが値段だけ見ればH&Mが圧倒的に有利ですね。

H&Mの品質のレベルについて

H&Mの品質については、正直酷いです。

手に入る衣類の中で最低の品質の部類です。

有名な所で言えばGUFOREVER21H&M最低品質御三家

そもそも耐久性などは求めて作ってないブランドです。

デザインは流行を意識してたり、シルエットが現代風で良かったりしますので

ファストファッションの定義にすっぽり入ってるブランドですね。トップスに至っては5回洗ったらクッタクタのビロビロになってる服が多いです。

ジャパンブルージーンズの品質のレベルについて

ジャパンブルージーンズは岡山の児島にある、元々はデニム生地のメーカーです。

1万ちょいぐらいの値段から本格的な国産デニムが手に入るブランドなので

本物志向の割に比較的に安価なブランドです。

とは言っても決して安くはありません。

そして今回比較したプレップと言うモデルは、そもそもはメンズのモデルですが

ヒップが大きく、股上深めでヒップポケットの位置が高い、そして裾がかなり細めでなデザイン。

しゃがんだ時に下着が見えないぐらいの股上ですね。

シルエットがユニセックスOKな感じなので岡山に旅行した時に一緒に買いました。

国産ブランドとファストファッションのパンツの比較

並べて比較してみます。

左が安いH&Mで、右が高いジャパンブルーです。

H&Mとジャパンブルーのパンツ1
左H&M     右ジャパンブルー

そもそも生地の厚みが違うのですが、ジャパンブルージーンズの方がしっかりとゴワゴワ波打った立体的な生地感をしています。

H&Mのパンツのほうはちょっと失礼ですが、スパッツをそのまま分厚くしたようなテロンと伸びる生地になってます。

この辺は仕方ありませんね、生地や糸など全くレベルが違います

平置きで重ねて置いて見ると、素人でもどっちが高いか分かります。

ウェスト周りの中の作り

いわゆる縫製の部分ですね。

実はここにすごく手間暇がかかるので値段の安いパンツと値段の高いパンツはしっかりと差が出ます。

まずはこの白丸の部分ですが、コレは外側のベルトループを付けやすくする為に当て布をつけていますね。美しくありません。

H&Mとジャパンブルーのパンツ2

左のジャパンブルーは内側の作りもスッキリとプレーンです。無駄がありませんね。

赤丸部分ヒップポケットの縫い付けに注目すると、、

H&Mとジャパンブルーのパンツ3

ぐちゃぐちゃです。

アラキ
アラキ

一目で品質の差が分かるじゃないか!

前面の内側を見てみましょう。

左のH&Mはポケットが短く変な癖がついています。

履いてるとポケットが出てくるんですよね。

レディースのジーンズはポケットが浅いデザインが多いんですが、これはちょっと短すぎ。

H&Mとジャパンブルーのパンツ4

右のジャパンブルーは元々メンズモデルなのでポケットが大きく、ポケット生地のスレキもジャパンブルーのオリジナルのデザインでこだわりが感じられます。

ブランド名を知らなくても見ればどっちが高いパンツなのかは一目でわかります。

ほかにもポケットの縫い付けにオリジナル刻印のリベットが打ってあったり

H&Mとジャパンブルーのパンツ5

細かい部分ですが手間暇かけて作ってるのは並べて比べると良く分かります

まぁ値段がこれだけ違うので当たり前ですね。

安いのと高いのどっちがコスパ良いのか?

値段が高いだけあってジャパンブルージーンズの方が圧倒的に品質は良いです。

しかしッ!

単純な値段と耐久性だけならコスパはH&Mの方がいいでしょう。

作り込みが微妙でも周りからは分かりませんからね。

そしてッ!!

コスパの概念に値段と耐久美脚シルエットを求めるなら品質の良いパンツを履くべきだとは思います。

H&MとかGUのパンツってヒップラインがデロデロに伸びて、おむつみたいに垂れたヒップに見えるんですよね。コレ女性なら分かりますよね。

トップスは毎日同じだとヤバイ人ですが、ボトムは毎日同じでもそんなに突っ込まれません。

毎日着用するボトムなら少々値が張ってもアリです。

もしくはファストファッションで買ってデロデロに伸びてきたら、同じような定番のパンツを何度も買いなおすか。

結局同じぐらいの維持費になるなら

頻度が多い物…黒やデニムパンツは少し良い物を買う
頻度の少ない物…季節物、白パン等はファストファッションで買う

これが一番コスパ良いと思います。

そもそもファストファッションって1、2シーズンで捨てる前提の服です。

長く楽しめるアイテムがコスパが良い理由

コスパの定義は

値段以上の満足度と使用できる年数によると思います。

2000円で2か月でダメになる服と

15,000円で20か月使用できるなら

後者の方がコスパが良いはずです。

ということは 耐久性のあるデニムパンツは優秀でしょう。

個人的にはAPCのデニムパンツをお勧めしています。

理由はエイジング※経年変化を楽しめるから!!

APCのプチニュースタンダードを好んで履いていますが

満足度チャートはこんな感じです。

エイジングと満足度グラフ

最初の状態から履き込んでいってもカッコよさが持続!

アラキ
アラキ

むしろ色落ちして購入時よりもカッコよくなる!!

安いパンツを買った場合はこんな感じ

エイジングと満足度グラフ2

めちゃめちゃ偏見が入ってますが気にしないで下さい。ジーパンオタクなんです。

APCのジーパンって定価は20,000円ぐらいします、高いですよね。

でも楽天やメルカリだと状態の良い物が中古で10,000円位で買えます。

このブログを何度か見てくださってる方はアラキがデニムオタクでちょっと壊れていることを知ってると思うので3000時間とかAPCデニムパンツを履いてるんですが、

不必要になったらメルカリなどで売れば5000円位で売れます。

10,000円で買ったパンツを2年ぐらい履いて5000円で売ったら5000円で2年間の被服費です。

これってコスパが良すぎませんか?

ユニクロのパンツだと定価は3000、4000円ですが2年も履いたら売り物になりません。ってか2年も履けるのか?

エイジングを楽しめるのでジーパンは高くてもお気に入りのアイテムをお勧めします。

話が脱線してしまいましたが

お気に入りの長く使えるものを買ってエイジングを楽しむのが精神的にもお財布的にもお得なのは間違いありません。ただしジーパンに限る。

お得
お金を増やすシンプルな法則。経営者目線で子供にも分かるように解説
お金を増やすシンプルな法則。経営者目線で子供にも分かるように解説
学生に是非読んでもらいたい。誰にでも分かりやすくお金についてのアレコレを記事にします。沢山の項目を増やす予定。
必見
アパレル経営者が語る!ずっと使えるスニーカーから高級靴
アパレル経営者が語る!ずっと使えるスニーカーから高級靴
高級靴からスニーカーまで!作りやメンテナンスまで解説。素人からマニアまでオススメ。ニューバランス、ALDEN、paraboot、etc
おすすめ
服、靴、小物などずっと使えるいい物
服、靴、小物などずっと使えるいい物
コスパのいい物、高くても長く使えるいい物のお話がメイン。時々ファッションについての考え方なども
注目
apcのデニムの色落ちについて、着用時間と変化の記録
apcのデニムの色落ちについて、着用時間と変化の記録
apcのデニムの色落ちについての記事を集めました。 裾上げや洗濯についての考え方も公開。

コメント

タイトルとURLをコピーしました