ニューバランス996 アメリカ製 中国製 ホントの違いを知る

スポンサーリンク
ad03 720X90

今も昔も変わらず大人気であるNB ニューバランス
アラキサトシも何足か所有しています。正直コスパの良さ、選べるカラー展開、履き心地の良さ、女子が履いても可愛いのでウケもそれなりに良い、、、買わない理由がないアイテムの一つです。

安価でコスパのいい中国製と、クオリティが高いといわれるアメリカ製、イギリス製があるのは有名ですが、本当のところどれだけ違うのか。

左USA  右CHINA

ネットで解説されてはいますが、実際に手に取ってアラキ本人が知りたかったので古着屋さんで見かけたので購入しました。

品番やグレードの違いもありますがやはり一番人気といわれるNB996モデルの比較をしたいと思います。履き心地やデザイン、作りの違いなど画像付きで説明させていただきます。
ちなみに写真は片足ずつ、グレーが濃いめなのはアメリカ製M996、ベージュ寄りなのが中国製MRL996です。

NB996 アメリカ製と中国製の比較

早速並べてみると、、、

左USA  右CHINA

全然違うやないか!!

パッと見てもわかるぐらい同じNB996でもアメリカ製と中国製は形が違いますね。ちなみにアメリカ製は27.5、中国製は27cmです。

NB996 シュータンの違い

上から見たときにまず気になるのが、アメリカ製M996はまずベロ(シュータン)の部分がかなり長くて高さのある作り。

nb996usachina (4)

あと全体的につま先のメッシュ部分もアメリカ製のほうが大きいですね。中国製は丸くポテっとした印象です。

NB996 カカトの違い

nb996usachina (3)
左中国製  右アメリカ製

カカトの作りも高くてシュッと細身です。このおかげでベロの位置がずれにくく足首までホールドするので履き心地が良いと感じるのかもしれません。

NB996 履き心地に影響する部分の比較

少しマニアックな部分に突入していきますが価格が違うからには一番肝心な部分のハズです。

ミッドソールの素材の違い

nb996usachina (9)
アウトサイド

アメリカ製はENCAPというソールの素材を使い、中国製はREVLITEという計量がウリの素材ですね。触った感じはENCAPは固め、REVLITEは押したら固いですがムニっとへっこみます。 画像ではわかりづらいですがヒールの厚みもUSA製のほうがぶ厚めです。

nb996usachina (8)
インサイド

若干汚いエイジングされているのは愛されている証拠ですね。

NB996 インソールの違い

nb996usachina (15)

左の中国製のインソールは発泡スチロールを柔らかくしたような質感で張りのある素材です。土踏まずのアーチもハッキリ付いています。アメリカ製はアーチがうっすらと付いてます。

nb996usachina (16)

右のアメリカ製インソールはスポンジのような感じで中国製に比べるとフニャフニャ柔らかめ、スペンコのインソールに近いです。

nb996usachina (17)
左中国製  右アメリカ製

靴の中身部分も少し違いますが、これと言って履き心地に影響する部分は目で見てもわかりません。

NB996 重さの比較

NB996 USA
NB996 CHINA

アメリカ製のNB996は27.5、中国製は27cmでしたがそれでもREVLITE素材の軽さが際立つ数字です。これは実際に長距離を走ったりする人には違いがあるんでしょうか?

50グラム以上違います。ただ履いてる我が身としては重さの違いに気付いてませんでした。

NB996 値段の比較

正直なところアメリカ製のNBは新品なら2万円前後と中々高めです。一方で中国製は新品でも1万円前後とコスパ良いです。2足買えちゃうのは結構大きな差ですね。

NB996 どっちがおすすめ? :まとめ 

難しい問題ですがクッション性やホールド感をとるのか、それともコスパを重視するのかで決めるんでしょうか?

普段履いてるのはアメリカ製ですが個人的にはスニーカーは革靴と違い消耗品的なイメージがあるので、次に買うなら新品で1万円の中国製でもいいかなーと思います。中国製でもモノはやっぱり優秀です。

あとアラキのオススメカラーはグレーです!

スポンサーリンク
ad01
ad01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする